個人事業主初心者マークのSEへ

退職してフリーランスになった時には

コンピューターが登場して、インターネットが世界中に広がってる昨今、既にこれらは日常生活においてあるのが当たり前となっている。
それに伴って、IT業界の躍進はさらに伸びを見せ、IT技術職の需要も高まっている。
プログラマやウェブデザイナー、エンジニアなどの職業はこれまでの仕事と異なる部分が多く、特出すべき部分はパソコンがあれば作業ができるので、在宅勤務が可能になることだ。
自分の能力や人脈が確かなら、企業に属することなくフリーランスや個人事業主として活躍することもできるだろう。
このようなことを考え、企業でスキルアップした後、退職して独立するケースも多く見られるのだ。

また、フリーランスや個人事業主として上手く業務委託などを受けていけば、収入を上げることも可能であるが、同時にデメリットも出てくるのを知っておきたいものである。
マイナスの要因として収入が安定しないことがあげられて、自ら仕事を受注して行うので営業能力が欠けていたり人脈がないと仕事そのものができなくなる。
他にも公休がなく、自分でスケジュールを調整して行わなければいけないのだ。
さらに福利厚生もなく、怪我や病気といったリスクも事前に対処しておかないと大変な状況に陥ってしまうだろう。
先のことを見据えてもしもの際に備えておく、さらに仕事が途切れず受注できる環境を作っておく、フリーランスを目指すにあたってそういったポイントをクリアする必要があるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です