個人事業主初心者マークのSEへ

業務委託の契約書の必要性

多くの企業が経費を削減する目的で業務委託を利用しているものだ。
その多くは、既に取引先として委託業者が決まっているものである。と言うのも、求める品質や納期を期待できる信用度が必要であることから、なかなか新規の業者や個人のフリーランスに依頼することが少ないからである。
つまり、個人事業主として独立したフリーランスは、たとえどれ程の高い技術力を持っていたとしても、なかなか仕事を探すことは難しいのが現状である。

そのためにはまず、採算を度外視して仕事を請け負うことから始めるケースが多い。
少しずつ仕事をこなしながら信用度を高めて、次第に大きなプロジェクトを任されるようになるわけである。
そのような過程で仕事を請け負うに際、契約方法には特に注意を払う必要性がある。
たとえ立場は弱いものであっても、口約束のような形で契約するのは避けるべきだ。
最初からそのような形でクライアントとの付き合いが始まってしまうと、その後もその流れで次第に金額が大きくなるからだ。
やがて支払いをしてくれないようなトラブルが発生することもあるので、最初にきちんと契約書を交わすことが大事である。

また、その契約方法は仕様書などの細かな点を文書にきちんと記載することが必要だ。
細かく求める機能や操作性、品質などをクライアントから引き出す作業も必要である。
さらには完成後の修正に関しても、どの程度の内容となれば追加料金が発生するのかも定めることが、業務委託には必須である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です